PAGE TOP

ぎっくり腰の原因③ 内臓

from田端聖賢

自宅のデスクより・・・

 

 

 

こんにちは♬

 

 

 

倉敷市の【慢性腰痛】専門 整体院 歩の

田端聖賢(たばたせいけん)です!

 

 

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます(^^)

 

 

 

本日も腰痛にお困りのあなたへ

腰痛改善に役立つヒントやアイディアをお伝えしようと思います。

 

 

 

ぎっくり腰シリーズが続いていますがいかがでしょうか?

 

 

 

今回はぎっくり腰の要因3つ目の『内臓』についてです!

 

 

 

実はぎっくり腰に限らず、腰痛と内臓はとても関係しています。

 

 

 

例えば右側の腰が痛い時は肝臓が関係していたり、

左側が痛ければ脾臓が関係していたり・・・

 

 

 

筋肉をマッサージしてもすぐに痛みが戻ってしまう方は

もしかしたら内臓が関係しているかもしれません。

 

 

 

では内臓に何か病気があるのか?

というとそうではなく(そのようなこともありますが)

 

 

 

ズバリ『内臓の疲労』が原因でぎっくり腰・腰痛になるということです!

 

 

 

内臓も筋肉と同じく疲労します。

 

 

 

今回はそんな『内臓』とぎっくり腰の関係について説明します。

 

内臓は知らないうちに疲労していることが多いです。

 

 

 

繰り返しぎっくり腰になっている方は

一度食事を見直してみると良いかもしれません。

 

 

 

本日もブログをご覧いただき、本当にありがとうございました( ^∀^)

 

P.S

繰り返すぎっくり腰にお悩みの方はこちら↓

https://倉敷整体院歩.com

LINEで送る
Pocket