PAGE TOP

ヘルニアがある腰痛の人の特徴【倉敷 腰痛 整体】

from 田端 聖賢

 

おはようございます🌞

 

倉敷市の【慢性腰痛】専門 整体院 歩の

田端聖賢(たばたせいけん)です!

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

昨日は治療院を休みにして

香川へ治療技術の勉強会に行ってきました。

 

マンツーマンレッスンなのでハードでしたが、

下半身の筋膜をガッツリ剥がすテクニックを学ぶことができ、

早速クライアントさんに還元していきたいと思います。

 

さて、今回もヘルニアについてお話していきます。

 

前回はなぜヘルニアになるのかというお話でしたが、

腰痛の原因? なぜヘルニアになるのか?【倉敷 腰痛 整体】

 

今回はヘルニアと診断された腰痛持ちの人の

特徴についてお話します。

 

ヘルニアになった人は日常的に

前かがみの姿勢や作業ばかりが多く、

 

その結果クッション(椎間板)の前側に負担がかかり、

 

椎間板内の髄核が後方に飛び出してしまいます。

 

前かがみの作業やデスクワークが多い方の特徴として

 

ある筋肉が硬くなることがあります。

 

その筋肉とは・・・

 

この筋肉は腰痛にものすごく関係があります。

 

腰というのは本来あまり動かないようにできています。

 

腰の下にある股関節の動きが硬くなると

 

腰で動きをカバーしなければならないので

 

腰が動き過ぎてしまい

 

その結果腰痛になったりヘルニアになったりします。

 

ヘルニア持ちの腰痛の方は

 

ぜひ実践してみてください!

 

本日もブログをご覧いただき、本当にありがとうございました。

 

P.S

ヘルニア持ちの腰痛の方は今すぐチェック!!!

https://倉敷整体院歩.com

LINEで送る
Pocket