PAGE TOP

脊柱管狭窄症の手術 メリット・デメリット

整体院歩の田端です^_^

 

今回は脊柱管狭窄症の手術についてお話します。

 

脊柱管狭窄症とは

神経が通る背骨の隙間が狭くなり

 

神経を圧迫することで

臀部や下肢に痺れ・痛み・感覚障害を引き起こす

病態のことを言います。

 

また、特有の症状として

間欠性跛行といって

 

しばらく歩くと両足がだるい・痛くなり

屈んで少し休むと落ち着くという症状です。

 

治療方法は

保存療法で内服をするか

手術をするか、になります。

 

よくクライアントさんから

「手術しないといけないのか」

「手術して良くなるのか」

など聞かれるので

 

今回は私が思う脊柱管狭窄症の手術の

メリット・デメリットについて

お伝えします!

 

脊柱管狭窄症も手術レベルまで悪化すると

 

術後の成績も良くないです・・・

 

なので予防が大事になってきます。

 

加齢に伴う骨や靭帯の変性は防ぎようがありませんが

 

腰に負担のかからない姿勢作りや

生活習慣を見直すことで

 

防ぐことができるものもあります!

 

もしあなたが病院で狭窄症と診断されて

経過観察と言われているのであれば

 

姿勢改善に取り組んだり

生活習慣を見直してみて下さい。

 

姿勢改善については

過去のブログでも紹介しているので

参考にしてみて下さい。

 

本日もブログをご覧頂き、本当にありがとうございました!

 

LINE@を友達追加すると腰痛改善のための【限定動画】をプレゼント

友達追加したらキーワード【腰痛ストレッチ】とメッセージして下さい✨

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

【LINE@】⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
https://line.me/R/ti/p/%40mpv7579s

 

◯当院ホームページ

HOME

岡山県倉敷市の慢性腰痛専門
整体院歩 -AYUMU- 田端 聖賢

LINEで送る
Pocket