PAGE TOP

反り腰で内股は要注意!【倉敷 腰痛 整体】

from田端聖賢

自宅のデスクより・・・

 

 

おはようございます🌞

 

 

倉敷市の【慢性腰痛】専門 整体院 歩の

田端聖賢(たばたせいけん)です!

 

 

いつもブログをご覧頂きありがとうございます♬

 

 

本日も腰痛にお悩みのあなたへ

腰痛改善に役立つヒントやアイディアをお伝えしていきます。

 

 

前回から反り腰についてお話していますが

 

 

エクササイズは実践していますか?

 

 

まだの人は前回のブログをチェック!笑

 

 

今回も反り腰に深く関係するポイントをお話します。

 

 

いきなり質問ですが、

 

 

あなたは内股ではないですか??

 

 

特に女性に多いと思うんですが、

 

 

普段から内股で歩いていたりする人は

 

 

ほぼ反り腰の方が多いです。

 

 

というのも、体の関節の動きには一定の法則があり、

 

 

股関節が内旋(内股)すると

 

 

構造的に骨盤は前傾(反り腰)するようになっています。

 

 

なので内股の人は反り腰からの腰痛になりやすいと言えます。

 

 

そこで今回は内股気味のあなたへ

 

 

ここみて欲しい!ってポイントをお伝えします(^ ^)

この大腿筋膜張筋という筋肉は

 

 

硬くなると股関節を内旋させ

 

 

反り腰を作ってしまう要因となってしまいます。

 

 

ただし注意点として、

 

 

お尻の筋肉が運動不足なんかで弱っている人は

 

 

この大腿筋膜張筋が頑張ってくれて

 

 

股関節を制動してくれていることがあるので、

 

 

この筋肉を緩めるだけでなく

 

 

お尻の筋肉を鍛える必要があります。

 

 

根本的に改善したい人は

 

 

なぜその筋肉が硬くなっているのか、という部分を

 

 

考えた上でエクササイズをしないと改善できません。

 

 

なので、当院に一度お越しください。笑

 

 

本日もブログをご覧頂き、本当にありがとうございました。

 

 

P.S

根本的に腰痛を改善したい方はこちら↓

https://倉敷整体院歩.com

LINEで送る
Pocket