PAGE TOP

脊柱管狭窄症に効果的なストレッチとは?

整体院歩の田端です^ – ^

 

今回も脊柱管狭窄症についてお話します!

 

脊柱管狭窄症は構造的な破綻をきたしてない限り

症状は改善する可能性があります。

 

脊柱管は反り腰になると狭くなります。

 

脊柱管が狭くなると

その中を通る神経を圧迫してしまい、

 

両足に痺れや鈍痛が出現します。

 

構造的な破綻をきたしていない場合は

反り腰を改善することで

脊柱管狭窄症の症状が改善するケースがあります。

 

そこで今回は

反り腰の原因になりやすい筋肉と

そのストレッチ方法について

お話します!

脊柱管狭窄症と診断されたからといって

諦めるのはまだ早いです!

 

膀胱直腸障害といって

尿もれや便意が分からないといった症状や

筋力低下をきたしているのであれば別ですが

 

それ以外の痛みや痺れは

十分改善できる見込みがあります。

 

諦めずに今回お伝えした運動を

実践してみて下さいね(^ ^)

 

本日もブログをご覧頂き、本当にありがとうございました!

 

LINE@を友達追加すると腰痛改善のための【限定動画】をプレゼント

友達追加したらキーワード【腰痛ストレッチ】とメッセージして下さい✨

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

【LINE@】⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
https://line.me/R/ti/p/%40mpv7579s

 

◯当院ホームページ
https://倉敷整体院歩.com

岡山県倉敷市の慢性腰痛専門
整体院 歩 -Ayumu- 田端 聖賢

LINEで送る
Pocket