PAGE TOP

腰痛にならないくしゃみ・咳の仕方【倉敷 腰痛 くしゃみ】

from田端 聖賢

 

どうも!

倉敷市の【慢性腰痛】専門 整体院 歩の

田端聖賢(たばたせいけん)です!

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます♬

 

本日も腰痛にお困りのあなたへ

腰痛改善に役立つヒントやアイディアをお伝えします。

 

お花見シーズンも終わりを迎えていますが

未だに花粉が飛んでいるんですね。(笑)

 

私は花粉症持ちなんですが

ここ1ヶ月咳がずーっととまらなくて

非常に困ってます。

 

体質改善しなきゃいけないなと思ってます・・・(^_^;)

 

この間新規のクライアントさんから

「くしゃみをすると腰が痛くなる」

「何か対策はありませんか?」

と質問を頂きました。

 

確かに私も毎日咳が続いているので

若干の腰痛を発症しております。

 

なぜ咳やくしゃみで腰痛になるのか?

 

意外と咳やくしゃみって労力がいるんですよねー。

 

咳やくしゃみをする時は必ず

腹筋を使います。

 

腹筋の作用には体を前に曲げる役割があり、

 

咳をするたびに腰を曲げるストレスが加わります。

 

それが続くとだんだん腰に負担が蓄積し

腰痛を引き起こすというメカニズムとなっています。

 

この季節は特に花粉の影響で咳やくしゃみが増える時期です。

 

そんな時は少し工夫をすると

腰への負担を和らげることができますよ!

この時期は特に咳やくしゃみが続くので辛いですよね。

 

しかも季節の変わり目であったり

職場や学校など周りの環境が変化する時期なので

 

ストレスも溜まりやすいと言われています。

 

体調には十分気を付けましょう。(自分も含めて笑)

 

咳やくしゃみをする場合は

ぜひ実践してみて下さいね!

 

本日もブログをご覧頂き、本当にありがとうございました(^ ^)

 

P.S

しつこい腰痛を本気で治したい方はこちら

https://倉敷整体院歩.com

LINEで送る
Pocket