PAGE TOP

ヘルニアの病態について

整体院歩の田端です!

 

今回はヘルニアについてお話していこうと思います。

 

ヘルニアだから

痛みや痺れの症状が

改善しないと思っていませんか?

 

実は痛みや痺れは

ヘルニアが原因で起こるとは

限らないんです。

 

というのも

健常人でもヘルニアになっている人が

いるんです!

 

不思議ですよね・・・

 

最近ヘルニアと診断された

クライアントさんが多く来院されます。

 

一人は病院で治療した方が良さそうなレベルでしたが(^_^;)

 

それ以外の方は

病院でヘルニアと診断されていても

痛み・痺れは改善していきました。

 

ヘルニアであっても

痛み・痺れが改善すると判断するには

 

ヘルニアの病態を知らなければなりません。

 

そこで今回は簡単に

ヘルニアの病態について説明します♫

過去のブログでも何回かお伝えしていますが

 

大事なのは

なぜヘルニアになってしまったのか?

ということを知ることです。

 

そこを知らずに手術をするから

ヘルニアが再発したり、

手術しても症状が変わらなかったりするわけです。

 

ヘルニアは基本的に保存療法が主流です。

 

ある研究ではヘルニアを

手術した人と、していない人では

長期的な予後は変わらないと言われています。

 

動画でお話したレッドフラッグと言われる

緊急性の高い症状でない限り

安易に手術を受けるのは考え直した方がいいでしょう。

 

もしヘルニアと診断されて

痛みや痺れで困っている方は

 

一度どこかちゃんとしたところで

体を診てもらうといいかと思います。

 

諦めないで下さいね!

 

本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございました!

 

LINE@を友達追加すると腰痛改善のための【限定動画】をプレゼント

友達追加したらキーワード【腰痛ストレッチ】とメッセージして下さい✨

🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁🎁

【LINE@】⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
https://line.me/R/ti/p/%40mpv7579s

 

◯当院ホームページ
https://倉敷整体院歩.com

岡山県倉敷市の慢性腰痛専門
整体院 歩 -Ayumu- 田端 聖賢

LINEで送る
Pocket